中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 速報: 帰宅困難者対策指針、給食食材対策

速報: 帰宅困難者対策指針、給食食材対策

12/27に区から2つの速報が発表されました。

 

板橋区災害時帰宅困難者対策指針

速報_災害

【要約】
  1. 「区外から板橋区に流入する徒歩帰宅者」については一時待機施設の拡充や、都と協定を結んでいる「災害時帰宅支援ステーション(コンビニ、ファミレス、ファーストフード、ガソリンスタンドなど)」の周知を行います。
    「板橋区から発生する徒歩帰宅者」については、学校や企業において、マニュアル作成や食料・毛布などの備蓄を推進します。
  2.  一時待機施設についての考え方を示しています。重要な点は、指定避難所(小中学校など)は地域住民の避難所と位置づけられ、帰宅困難者の一時待機施設とはしないとされたことです。
    また、現在4カ所の一時待機施設を12カ所に拡充します。各地域の地域センター、区民事務所、社会教育会館などです。
 

給食食材の放射性物質に関する基本的考え方と当面の対策について

速報_食材

【要約】
  1. 区立保育園・小中学校で行われている給食食材の産地公表を引き続き行います。
  2. 食材のサンプル調査について
    1. 給食食材の事前検査は、引き続き検討課題としています。
    2. 従来と同様の、専門機関に委託しての食材サンプル調査は引き続き行います。
    3. 検査品目に米と牛乳を加えます。
    4. 給食一食分の全量検査を新たに実施します。
  3. 被ばくを理由とした弁当持参については、給食食材の安全性や検査結果を十分に説明し、具体的にに相談に応じた上で、個別的に対応を図ることとしています。
 

給食食材に関する放射線対策としては、議会での要求が実を結び、一歩前進したと評価します。
しかし私を含め多くの議員が強く求めている「給食食材の事前検査」はまだ実現していません。
引き続き、議会で訴えていきたいと思います。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら