中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 今年の3.11は、脱原発を訴えました―さようなら原発板橋ウォーク

今年の3.11は、脱原発を訴えました―さようなら原発板橋ウォーク



3.11、板橋区役所にも半旗が掲げられました。

去年の3.11、東日本大震災は、私が人生をかけて挑んでいた板橋区議会議員選挙の直前に起こりました。

震災が起こっていなかったら、私は議会で何を訴えていただろう。
武道必修化問題は、取り上げていたかな^^;

それ以外は、まったく想像もできません。
東日本大震災、そしてそれに伴う福島第一原発の事故は、私の政治家としてのミッションを根底から変えました。

昨年の夏は、全力で被災地支援に取り組みました。
だからこそ、今この時点で、被災地支援をやめていいような状態ではまったくないことは、よくわかっております。

被災地は、敢えて強調するならば、一歩も進んでいません。
あまりにも遅い復興の動き。
政権与党の一員である私ですが、率直に申し上げて、怒りを覚えます。

だから、この3.11に何を取り組むかというのは、政治家の端くれである私にとって重要な選択でした。
同日、ふんばろう東日本支援プロジェクトの仲間たちが、被災地支援を風化させてはならないと、恵比寿で総力を上げたイベントに取り組んでいたことも知っていました。

しかし、去年の夏の夜、ふんばろう東日本支援プロジェクトのある仲間と北仙台駅前で立ち話をしていたとき、こんなことを言われました。

「政治家には、やっぱり政治をやってほしい」

後ろ髪引かれる思いではありましたが、私は3.11を、政治家として動くことに決めました。

今年の3.11は、脱原発を訴えました。
板橋の仲間、板橋区議会の仲間と共に、「さようなら原発板橋ウォーク」を歩きました。



前回の中山道ウォークに引き続き、またもオリジナルのぼりを作りましたw

前回は「原発いらんだろJK(常識的に考えて)」を掲げました。「常識的に考えて」というのは大変重要なメッセージなのですが、それを「JK」という、ネットオタク文化を理解していないとわからない略称にしてしまったのが痛恨のミスでした^^;

今回はウォーク全体のメッセージと合わせて、わかりやすく「ヤメレ」一言。
沿道の女子中学生に大ウケしましたw



川越街道をみんなで歩きます。
普段車が高速で走る道を堂々と歩くのは、痛快なものです。

「踊る阿呆に見る阿呆」などと申します。
あるいは、 オープンカフェの感覚。往来の視線に晒されてコーヒーなど飲むのは恥ずかしいと感じますが、逆にいざ座ってコーヒーを飲めば、往来のほうが背景となり、新鮮な感覚を味わえますよね。

次回の予定は未定ですが、次の機会があったら、気軽に参加してみては?



本当にアットホームなデモだったんですよねー。
60年安保闘争を知る世代だとどうしても警察や公安の動きをお気になさるのですが^^;、過去のウォークも含め、警察は至って親切。子どもたちに気をかけていただき、助かりました。
こういう土地柄というのは大事にしたいものです。



疲れて寝てしまいました^^

そうだね。いらないね。
おじさんがんばるよ。



ゴールの大山公園での光景です。
そこそこ広い公園ですが、参加者で埋め尽くされました。

参加者は、公称600人!
もちろん過去4回で最大です。

脱原発へ向けての手応えを感じるウォークでした。
まずは、皆様お疲れさまでした!

 

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら