中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 今こそ都下の地方議員は政策提言を―急展開都知事選(1)

今こそ都下の地方議員は政策提言を―急展開都知事選(1)

告示まであと10日となった今日、細川護煕元首相の立候補表明で都知事選は急展開の様相を呈してきました。
しかし、いずれの候補者も都政の具体的な課題にどこまで踏み込めるのかが不透明な現在、都議会議員をはじめとした地方議員こそが、各候補者に都政の課題を問いたださなければならない、と私は考えます。



都知事選2014

告示まであと10日となった東京都知事選挙ですが、本日、細川護煕元首相が立候補表明を行いました。また、舛添要一元厚労相も正式に立候補表明を行いました。

都知事選 細川氏が立候補へ 舛添氏は正式表明 NHKニュース 

細川氏の立候補表明には小泉純一郎元首相が並び、全面支援を約束。強力この上ないタッグです。

細川氏、都知事選出馬を表明…小泉氏は積極支援 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

私くらいの年齢だと、55年体制を終わらせた細川政権のインパクトは強く残っています。その細川氏と小泉氏が組めば、「改革断行」のイメージを強く打ち出せるでしょう。

しかし、15年の間政治から離れていた細川氏に、東京都政の具体的な政策課題がどこまでこなせるのか、未知数であることは否めません。

 

具体的政策は都知事選の争点にならない…?

私は昨年末のブログで、都知事候補者は3つの政策ポイントについて明らかにしてほしいと希望しました。

厳しさ増す中「縁の下の力持ち」めざして―2014年展望

(1) オリンピックに向けて、どういう姿勢で臨むか。
(2) 東電の大株主として、どのようなエネルギー政策を打ち出すか。
(3) 法人住民税の一部国税化について、どのような方針で臨むか。

(1)については、新国立競技場をどうするのかを示してもらわなければなりません。
森山高至氏のブログが非常にわかりやすかったのですが、新国立競技場の工事費が当初見積を大幅に上回っている理由は、その設計が「巨大な陸上の橋」になっているからだ、ということです。

新国立競技場の工事費が下がらない理由|建築エコノミスト 森山のブログ

これは競技場として、本当に合理的な設計なのでしょうか?
オリンピックまであと6年となったこの年明け。国立競技場の設計は迅速なる見直しが急務ではないでしょうか。

また(3)「法人住民税の一部国税化」がまったく議論になってないのも大変不満です。
法人住民税一部国税化が行われると、それは東京都のみならず板橋区の財政をも直撃します。

今年の板橋区新年賀詞交歓会で、坂本健・板橋区長は異例とも言える「遺憾の意」を、法人住民税一部国税化に対して表明しました。
同じく異例とも言える、区の公式ホームページでの「断固反対表明」も行われています。

地方法人課税見直しに反対します!! | 板橋区

税金の使途という「お金の出口」には主義主張がありますが、「お金の入口」が削減されるとなると、それは全都民・全板橋区民が打撃を被るはずなのに、この都知事選において法人住民税一部国税化は、まったくと言っていいほど話題になっていません。

本来、このような具体的な政策議論こそが都知事選において求められるはずだと私は思うのですが、しかし、「そんなことを言っていても勝てないんだから、しかたないだろう」と言われてしまうと、沈黙するしかありません。
テレポリティクスの権化と化してしまった都知事選…。
矛盾を感じていないといえばウソになります。

 

「勝てる脱原発候補」で中央突破、具体的課題は地方議員が突きつけよ

愚痴っていてもしかたないので、現状に合わせた戦略を取るしかないでしょう。

すなわち、(2)東京都のエネルギー政策に争点を絞ります。
東電の議決権は現在50%超を原子力損害賠償支援機構が持っており、東電は現在実質国有化されていますが、東電の大株主として、また最大の電力消費地として、東京がどういうエネルギー政策を打ち出すかは大きな意味があります。
その意味で、「勝てる脱原発候補」として細川護煕元首相が立った意味合いは大きいと思います。

民主党は、無所属で戦いたいという細川氏の意向を尊重し、公認・推薦は出さずに勝手連的に支援することとしました。
これは、民主党の都議会議員・区議会議員にとっても朗報です。
細川氏が都知事になっても、遠慮なく細川氏に注文が出せるからです。

「勝てる脱原発候補」として細川氏に中央突破してもらい、具体的な都政の政策課題は、都議会議員を中心とした地方議員がどんどん新知事にぶつけていく。
現状では、これがベターな進め方ではないかと私は考えますが、皆様のご意見はどうでしょうか?
ぜひFacebookページに「いいね」を押して、ご意見をお聞かせください!
Facebookページ: 中妻じょうた 板橋区議会議員

次回は、都政の課題について、板橋区議としての所見を書きたいと思います。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら