中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 「勝てる脱原発候補」で成果責任を果たせ―急展開都知事選(2)

「勝てる脱原発候補」で成果責任を果たせ―急展開都知事選(2)

前回の記事「今こそ都下の地方議員は政策提言を―急展開都知事選(1)」BLOGOSに転載されたところ、そちらで何件かのご意見をいただきました。ありがとうございます。
都民の生活に根ざした課題についても議論がされてほしいという思いは私も持っていますが、私自身も政治生命をかけて脱原発を実現したいと考えている以上、当選することによって、それを本当に実現するための道筋が通せる候補を応援するべきだと思っています。



都知事選2014

「見渡す限りの雑草」…この光景の責任は東京都にはないのか?

今日、さる国会議員が「原発は都知事選に関係がない」とおっしゃっていました。
本当にそうでしょうか。

福島第一原発が電力を供給していた対象は、福島ではなく、東京です。
その結果、福島第一原発周辺の自治体がどのような姿になったか。

昨年の8月、私は板橋民主党区議団とともに福島の自治体を回りました。
地域ごとに異なる多くの苦難を目にしましたが、最も印象に残っている光景は、このようなものです。

Googleマップストリートビュー:福島県南相馬市小高区福岡塩行


大きな地図で見る

これは、旧警戒区域であった南相馬市小高区での「普通の光景」です。
道の両側は、元々はどこどこまでも広がる田んぼでした。
それが今、「どこどこまでも広がる雑草」になっています。
稲作ができないため震災以後ずっと放置され続けた結果、豊かな穀倉地帯は、見渡す限り雑草が広がる荒野に変わってしまいました。

まさに、国の大地、国の富、そして人々の生活が失われています。
この現実を前にして、原発を続けることに何の疑問も感じないとしたら、少なくとも人の上に立つ資格はないと私は思います。

東京に電力を供給し続けてきた結果がこれならば、せめて東京都がなすべき責任は、「原発がなくても成り立つ首都・東京」を実現することではないでしょうか。

 

首都高を核燃料が通過している!

もうひとつ、原発が東京に無関係ではない理由があります。
東京都に原発は存在しませんが、原発で使う核燃料は、都内を通過して輸送されているのです。

柏崎刈羽原発稼働以降、板橋区でずっと核燃料輸送を監視し続けてきた区民の方から情報提供を得まして、私は板橋区議会において核燃料輸送の問題を追及しました。
そのときにいただいた資料中の、核燃料輸送マップが以下になります。

核燃料輸送マップ

横須賀または東海村を出発した核燃料は、首都高速環状線をがっつり回って、東北道を通って福島第一・第二または女川原発、あるいは関越道を通って柏崎刈羽原発に輸送されてきました。
監視を続けてきた区民の方によると、3.11以後も少なくとも2回、柏崎刈羽原発に向けて、板橋区内の首都高速5号線を通って核燃料が輸送されたとのことです。

今、首都直下型地震がいつ起きてもおかしくないと言われています。
そして、首都高の老朽化も懸念されています。
首都高を核燃料が通過しているときに直下型地震が発生して首都高が倒壊し、核燃料が露出する…。
都民の安全を考えるなら「当然考えるべきシナリオ」です。

私はこの問題を板橋区議会で取り上げ、板橋区地域防災計画における放射線対策・核燃料輸送対策の項目を大幅拡充させるという成果を出しましたが、しかしそれで核燃料輸送リスクがゼロになるわけではありません。

都民がこうむる核燃料輸送リスクをゼロにする方法は、ただひとつ。
核燃料輸送の必要性をゼロにする。
すなわち、原発をもう動かさない。
これしかありません。

 

現実:「勝てなければ意味がない」

脱原発は、お題目で終わらせてはいけません。
原発のない社会を実現しなければなりません。

そのためには、選挙で勝てなければ意味がないのです。

負けてもいいんだ。がんばった。言いたいことは言った。
そんなものは、何ら成果につながりません。
むしろ、死に票を作って、原発推進派を利することにしかなりません。

勝てる可能性のある候補に力を結集し、実際に都知事選で勝利して、「現実の成果」として脱原発を実現しなければなりません。

そのためには、細川護煕元首相に力を結集させるべきだと私は考えています。

決定においては何が正しいかを考えなければならない。
やがては妥協が必要になるからこそ、
誰が正しいか、何が受け入れられやすいかという観点からスタートしてはならない。
(ピーター・F・ドラッカー)

皆様のご意見はいかがでしょうか?
ぜひFacebookページに「いいね」を押して、ご意見をお聞かせください!
Facebookページ: 中妻じょうた 板橋区議会議員

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら