中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 伊達市の「あんぽ柿」3年ぶりに店頭に―商店街の八百屋さんに聞いてみた(1)

伊達市の「あんぽ柿」3年ぶりに店頭に―商店街の八百屋さんに聞いてみた(1)

今日は文化会館にて、板橋区商店街連合会創立60周年記念式典が開催されました。地元商店の活性化について考え続けていた私は、商連の皆様や来賓の皆様のお話を興味深く聞いていたのですが、さて実際に商店街で商店を営む方の意見はどうなのだろうと思い、店主のお話を聞いてみると、また異なる角度のお話が…。



IMG_4580

式典では数々の興味深いお話が聞けましたが、私としては、板橋区町会連合会の鈴木孝雄会長のお話が印象に残りました。

地域住民の立場としても、「遠くの大型店」より「近くの安心できる店」のほうがありがたい。高齢化による「買い物難民」も問題だ。安心して歩ける街づくりにもつながる。ぜひ地元商店街にがんばってもらいたいが、生鮮3品は特に厳しい印象だ。「顔の見える関係」が作れる、地域コミュニティの一環としての商店街に期待したい。

 

産地を超えた「個人商店のこだわり」

商連の記念式典のお話を聞き、また昨日中谷紗千さんから聞いた、野菜の産地が選べなくなっているのではないかというお話もありましたので、文化会館から遊座大山商店街〜ハッピーロード大山と歩いてみて、スーパーや八百屋さんをのぞいてみることにしました。

いくつかのスーパーやお店をのぞいてみましたが、その中にひとつ、値札に野菜の産地をあまり書いていない八百屋さんがありました。
スーパーであれば値札に産地を書くのが当たり前になっていますが、プロの八百屋でそれをやらないのはなぜか…。
何か感じるものがあったので、お仕事中に大変失礼ながら少しお話を聞かせていただきました。

 

――北海道の野菜が買いたいという要望を区民からお聞きしました。「北海道産のにんじん」は今は買えないということでしょうか?

「にんじんの産地は季節ごとに異なる。冬は千葉・埼玉産が中心。春になると徳島など、西のほうに移動していく。夏になると北海道のにんじんが入ってくる。今、北海道のにんじんがほしいというのは、無理な話だ」

――区内のとあるスーパーで、関東近郊の野菜しか買えないというお話を聞いたんですよ。

「スーパーの方針としてそのようにしているということはあり得る。普通に考えれば、近い産地のもののほうが安く仕入れることができ、鮮度もよい」

「商店街の個人商店であれば、思い切り安くするか、こだわった商品を置くか、どちらかになる。スーパーはその中間。いずれにせよプロとして自信を持って置いている。産地にこだわる根拠はどこにあるのか。茨城や千葉の野菜に何の問題がある? 霞ヶ浦のレンコンは美味しいのに…」

…と、このようなお話をしている中で、震災後にクレーマーのような客からいろいろ言われ、謝罪するのしないのといった話になった…といったお話も伺い、ああ、やはり震災以後大変だったのだな…と思わされました。

 

福島県伊達市の「あんぽ柿」、3年ぶりに店頭に

こんな話をしつつ、今の「イチオシ商品」として、福島県伊達市の「あんぽ柿」をご紹介いただきました。

IMG_4607

「自然が育んだ和スイーツ」あんぽ柿。
食欲をそそる見事なオレンジ色…!
即買い決定です。

IMG_4608

商品棚の下には、東京新聞の切り抜きが下げられていました。

【あんぽ柿 農家を守って―地道な除染、3年ぶりに店頭に】。

「あんぽ柿は伊達市の農家の命綱なんだ。年間3億円売れる商品なんだよ。それが3年間ゼロだったってことだ」

伊達市は、福島県の北の端。
放射性物質の影響がどれほどあったのか、私ではなんとも言えませんが、おそらくは万全を期すため、除染や検査を繰り返し、3年越しの出荷に至ったのでしょう。

どの食品を安全だと考えるか。
最終的には、一人ひとりが考える以外ありません。
私は、信頼できるお店が自信を持って置いている商品であれば、信頼します。
これが「顔の見える関係」というものではないでしょうか。

あんぽ柿、美味しかったですよ!

商店街の八百屋さんに聞いてみたお話、次回に続きます。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら