中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > マイクロソフトの微妙な戦略―Windows XPサポート終了を考える(1)

マイクロソフトの微妙な戦略―Windows XPサポート終了を考える(1)

Windows XPのサポートが、本日4/9で終了します。
これに関する質問を3/20の総括質問で行なったという記事を書き、BLOGOSハフィントン・ポストにも掲載されましたが、各所からたくさんのご意見をいただきました。誠にありがとうございます!
いただきましたご意見を踏まえて、板橋区という自治体が「脱Windows」に向かえるものなのかどうか、もう一度検証していきたいと思います。



win_on_linux

さすがにブレーキをかけてきた?マイクロソフト

WindowsからLinuxへの移行はこれまでも、自治体を含め様々な場で検討されてきましたが、現在、これまで以上に「脱Windows」を真剣に検討すべき状況が生まれています。
前回記事でも指摘したとおり、Windows 7から先、マイクロソフトがどういう方針でWindowsを設計するかが見えにくい状態にあるということです。
大量にあるマウス中心インタフェースのPCを「全部捨てなさい」とでも言わんばかりの戦略をマイクロソフトが取ってくるなら、従来資産を活かしてくれるOSへの移行を検討することは必要でしょう。

ただ、マイクロソフトも業務用PCのニーズを完全に無視するつもりはないようで、4/8リリースのWindows 8.1アップデートでは、スタートメニューの復活など、マウス中心インタフェースに配慮した改善がなされています。

Windows 8.1、春のアップデートで非タッチ対応PCのUI改善へ – ITmedia ニュース

まあ、現存するすべてのPCをタッチ対応に置き換えるべしと半強制的に誘導しようとすれば、さすがにリスクが高いとマイクロソフトも考えたのでしょう。

さらに、「これはどうなの?」と思うニュースもありました。
マイクロソフトはイギリス政府・オランダ政府とWindows XPの延長サポート契約を締結、イギリス政府は555万ポンド(約9億6000万円)、オランダ政府も数百万ユーロを支払うことに合意した、というニュースです。

Windows XPの延長サポート契約をイギリスとオランダの政府がMicrosoftと締結 – GIGAZINE 

マイクロソフトがなぜWinXPのサポートをやめなければならないかといえば、人材などの社内リソースを古いOSの手当てに充て続けることは限界があるから、どこかで見切りをつけなければならない、という理由のはずです。
しかしイギリス政府・オランダ政府のためにXPのサポートを続けるなら、それは結局、従来XPサポート用に確保してきた社内リソースを、今後もほぼすべてそのままキープしなければならないのではないでしょうか。

だったら、イギリス・オランダ以外にも、全世界的にそのサポートを提供しても、マイクロさんのコストはほとんど変わらんのんちゃいます…?
と思うわけですよ。

それとも、これは新たなビジネスモデルですか?
カネ出したところにはセキュリティアップデート出しますよと?
レガシーシステムのメンテナンスに費用が必要だという理屈は、他でもある話ですが…。
非常に納得いかない感じがするのは、私だけですかね…?

 

まだ少し長くなりそうなので、次回に続きます。
Facebookページに「いいね」を押して、ご意見ください!
中妻じょうた 板橋区議会議員

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら