中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 子ども環境のひずみをネットが加速―LINEで援助交際まで至った女子中学生に聞く(1)

子ども環境のひずみをネットが加速―LINEで援助交際まで至った女子中学生に聞く(1)

子どものネット利用…特に「LINE」によって、深刻なトラブルに巻き込まれる事態が多発しています。

LINEの中で起こる「いじめ」について、多くの保護者から実例や懸念の声が寄せられています。

その中でも、ある意味行き着くところまで行ってしまった…すなわち、LINEで援助交際を行うところまで至ってしまった女子中学生、そしてそのお父さんから、直接お話を聞く機会がありました。

 

大変つらい体験を「今後このような子がいなくなるように」との思いで、率直に話してくださったお二人に深く感謝いたします。

 

このような事態にまで至ってしまった根源は、もちろんLINEだけにあるわけではありません。

家庭環境や学校環境が大きく影響します。

 

このあたりの状況を知るため、彼女…仮にA子さんとします…の小学生時代の話からお聞きしました。

 

 

ちょっとフリーダムすぎた? 小6〜中1

 

A子「小学校のころは、友だちはそんなにいなかった。先生にいじめられていた。先生は20代後半の女性。提出物とかあまり出してなくて、『やれ』と言われてもやらなかったから…」

 

A子「初めてスマホを持ったのは小6の6月。誕生日に買ってもらった。

Android端末だった。条件などはなかった。

父は大反対だったが、母は『いずれ持たすものだから』と言い、父が折れる形で買ってもらった。

最初は、友だちとメールをするのみだった」

 

A子「母から、主に父が使っているMacのパスワードを聞いた。母は大目に見てくれる感じだった。Macを使ってAmebaを始めた。

最初に母が5,000円分入れてくれたが、アバターづくりにハマって20,000円使ってしまった。

そのうち15歳以下は使えなくなってしまったので退会した」

 

A子「中1になって、友だちとのやりとりがLINEになった。最初は学校の友だちだけでやりとりしているだけだった。そのうちに『グループをつくろう』という話になり、35人くらいの同学年のグループを作って、グループチャットにハマった」

 

A子父「返事を返さないとハブになるとか、あったんじゃないのか?」

 

A子「それはない。この段階では、いじめも孤立もまったくなかった。なんでもおいで、みたいなノリ。楽しかった」

 

A子「でも、今から思えばこれは依存状態だった。依存していると本人にはわからない。自分で依存していることがわからない」

 

A子父「私は、依存状態がどういうものかわかる。MMORPGやるからw」

 

A子「中1の半ばには、テストの順位が悪くてスマホを取り上げられたこともあった」

 

A子父「で、その取り上げたスマホで、私がモバゲーをやってたんですけどね」 おいw

 

A子父「娘が3歳くらいから小3になるまで、ずーっと某タイトルをやってましてね。まあ、廃人状態でした。妻に『働いてよ!』と怒られたとき、『いや、働いてるよ』とディスプレイの中で働く自キャラを指さしたこともありました」

 

…この発言に対する評価は、読者の皆様におまかせします…。

 

次回に続きます。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら