中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 【選挙戦、最終日!】原点再び。「中妻じょうた」に、あなたの一票を託してください

【選挙戦、最終日!】原点再び。「中妻じょうた」に、あなたの一票を託してください

 7日間に渡る板橋区議会議員選挙は、私の奥底から政治家としての原点をもう一度引きずり出す旅でもありました。

私は板橋区議会議員を続けなければなりません。

どうか皆様、中妻じょうたに、あなたの一票を託してください…!

 

 

最終日、団地の皆さんへすえよし不二夫さんとともに訴えます。


最終日、団地の皆さんへすえよし不二夫さんとともに訴えます。

最終日、団地の皆さんへすえよし不二夫さんとともに訴えます。



高島平午後18:30

高島平午後18:30



20時までで選挙活動(スピーカー)は終了。以後は0時まで、駅頭でご挨拶させていただきます。

20時までで選挙活動(スピーカー)は終了。以後は0時まで、駅頭でご挨拶させていただきます。



 

板橋区の未来を決める7日間、そして明日

区政はとても小さなエリアですが、逆に言えば身近な問題が詰まった「目の前」の問題です。

子育ての問題、福祉の問題、地域デザインの問題、大切な課題はたくさんあります。

ところが、そこで暮らす私達には 区政と触れる機会は多くはありません。

新聞やテレビ、ネットなどのメディアでも 国会に比べてとりあげらえれる機会はとても少ないのが現状です。

 

だからこそ区議は、みなさまから託された1票を背負い、地域の課題と真剣に向き合うことが必要なのです。

 

私がこれから4年間 そしてその先の板橋をどうしていきたいか についてはこちらをご覧ください。

未来を切り開く! 中妻じょうたの政策ピックアップ5本

http://nakatsuma.jp/2015/04/2238/

 

中妻じょうたが取り組む2期目の政策(マニフェスト)

http://nakatsuma.jp/policy/

 

 

 

4年前と変わらない想い そしてこれから

4年前、はじめて臨んだ選挙では 何の後ろ盾もない たった1人の闘いでした。

そんな私を区政に送り出していただいた恩に報いるためにも 区の問題に それこそ体当たりで挑んできました。

●中妻じょうた実績ベスト5

http://nakatsuma.jp/2015/04/1999/

 

●超1期目級の成果の数々

http://nakatsuma.jp/policy/

 

 

また、板橋区の代議士として 私達にとって重要なテーマにも取り組んでしまいました。

●「イスラム国」の問題、メディアに抗議

http://nakatsuma.jp/tag/isil/

 

●福島問題

http://nakatsuma.jp/tag/福島問題

 

 

共感していただける仲間も少しずつ増え 今回の選挙ではとても多くのボランティアの方にお力添えをいただきました。

それでも明日は、前回以上に厳しい闘いになるかもしれません。

民主党には逆風がふき、投票率も低下が懸念されています。

 

それでも私には、もう1期 さらに4年間 板橋のために身をささげたい理由があります。

その思いは4年前よりさらに強いといっても過言ではありません。

 

●10期40年、すえよし不二夫議員の想い

板橋区議を10期、40年もの間 務め上げた、すえよし不二夫・板橋区議会議員から、私への力強いメッセージをいただきました。

 

 

すえよしさん、本当にありがとうございます!

 

 

●そして 心の奥底から引きずり出す、中妻じょうたの原点

選挙とは、政治家にとって、すべてを賭けた闘いです。

 

…ということを、実務や段取りに追われる中で、いつしか私自身が見失っていたのかもしれません。

 

一人でも多くの有権者の心を動かすためには、もう一度己の心の奥底にダイブし、己の「真ん中」、政治家としての原点を引きずり出さなければならない。

 

最後に何を訴えるべきかを、何度も何度も振り出しに戻って考え直し、最後に出てきたのは、家族への想いでした。

 

 

 

家族を、そして障害をもつ 子供を選挙の材料に使うことに ご批判をいただくこともあります。

でも、それが私の原点なのです。

 

私と妻が生きているうちは、子どもたちには居場所があります。

そして私と妻は、子どもたちの可能性を知っています。

 

社会とは、自分がいなくなっても、みんなの幸せのために機能すべきもの。

「自分が死んだ後、どうなるか」という観点で考えてくべきものではないでしょうか。

 

すべての人に居場所があること。

すべての人が自分の可能性を発揮できること。

すべての人が困ったときには、助けの手があること。

 

私の原点はここにあります。

 

 

立ち上がりましょう。私達のこれから。

4年前の私は、一介のサラリーマンでした。 政治のことなどテレビを通じて知るだけの みなさんと同じ立場にいました。

でも、家族を通じて感じた社会への想いだけで立ち上がり、4年間まさに突っ走ってきました。

 

最初は何ができるかもわからずに立ち上がりましたが、今では何ができるか 確かな手ごたえがあります。

 

何度でも言います。 私達が毎日暮らすこの街の これからの4年間、そしてその先の未来を決める日が明日来ます。

1700億円超の予算をもつ板橋区の区政は 明日の投票で決まるのです。

 

 

私は原点に帰ってきました。

私は、板橋区議会議員を続けなくてはなりません。

 

どうか皆様、中妻じょうたに、あなたの一票を託してください…!

どうか。

お願いします!!

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら