中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > 「歩行者第一」の道路整備を!

「歩行者第一」の道路整備を!


5/11〜5/20の間、春の交通安全運動期間です。
地域での努力も重要です。




ここのところ立て続けに、歩行者、特に子どもが犠牲になる痛ましい交通事故が起きています。

4/19には、東池袋で母子が犠牲になる事故が起きました。
5/8には、大津市で保育園児が亡くなる事故が起きました。

歩道を歩いていて亡くなってしまうのでは、いかにもやりきれません。




まずもって、車を運転する方(私含む)は、「凶器になりうるものを扱っているのだ」という認識を持ってハンドルを握り、油断なく運転する義務があることを肝に銘じる必要があります。

ただ、もう少し、交通網を「歩行者第一」にしていくことはできないものでしょうか。









こちらは、西台駅北側の都道です。
狭すぎて歩行者同士がすれ違うのも難儀で、自転車同士がぶつかる事故が頻繁に起こっていましたが、先般歩道の拡幅工事に着手し、もうまもなく完成というところまで来ました。

歩行者用レーンと自転車用レーンに分けて通行できるようになるようです。
これなら安心ですね^^




従来、日本の交通整備はどうも「車優先」で進められてきた感があります。
そのしわ寄せで、歩行者や自転車がどこを走ったらいいのかわかりにくい状況が多々生まれています。




また、歩行者の横断が危険なため、信号設置を要望することもしばしばですが、信号設置はハードルが高く、何度言っても実現しません。
交通整備全体の中で考える必要があることもわかりますが、「ここは本当に危ないんだ」と言っても、なかなか変わりません。




おそらく、件の東池袋や大津市の事故現場では、何らかの安全強化策が取られることでしょう。
しかし「事故が起こらなければ対策しないのか?」という想いも、毎回心をよぎります。




「歩行者第一」の方針のもと、住民の意見を重視して交通整備をしていただきたいものです。

私も、今後とも板橋区の交通改善の提言を続けます。
気になることがありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください!

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら