中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > 資料

資料

区政に関する資料などをピックアップしてご紹介します。

2016/01/15 up

楢葉町役場の説明資料 2016/1/13

2016/1/13に楢葉町役場を視察した際の説明資料です。メモ書きがあるのはご容赦ください^^

全町民7,365人のうち、1/4現在の帰町者数は421人、全体の5.7%ということです。

 

認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね パンフレット

いわき市民の手によって運営されている放射能測定室「たらちね」のパンフレットです。

 

たらちね通信 vol.10 2016.1

いわき放射能市民測定室「たらちね」の発行するニュースです。

2015年12月になってから、ホールボディカウンターの利用者が増加していることが注目されます。

 

たらちね 2015年12月の放射能測定結果 81件

いわき放射能市民測定室「たらちね」による2015年12月の測定結果一覧です。

山菜や、掃除機のゴミには依然注意が必要であることが伺い知れます。

2015/02/01 up

第2回「まちかいぎ」報告書

2014/9/23に行われた、第2回「まちかいぎ」の報告書です。 第2回「まちかいぎ」は、高島平のまちづくりを住民の立場から考える参加型会議として実施されました。
事前に住民アンケートを行って材料とし、当日は4つの分科会「高島平団地の再生」「都営三田線の西高島平からの延伸」「旧高島七小周辺地域の活用」「まちのソフトウェア、コンテンツ、その他」に分かれて議論を行いました。
本報告書はこれらの議論を集約し、今後の検討に資するように作られたものです。
なお、別紙として以下の3つがあります。

 

別紙 高島平住民アンケート 問3

別紙 高島平住民アンケート 問4

別紙 高島平住民アンケート その他

2015/01/27 up

東日本大震災とその後 南相馬市の現況と復興に向けた課題(平成27年1月20日作成)

2015/1/26に、原発のない社会をめざす自治体議連グリーンテーブルの活動として、福島県南相馬市を視察した際にいただいた資料です。
震災発生・福島第一原発事故発生よりの経緯から現在の復興計画概要まで網羅されている、大変わかりやすい資料です。

2014/12/14 up

選挙(開票)立会人打合せ会資料 (2014/12/14投票日の衆議院議員選挙)

2014年12月14日投開票の衆議院議員総選挙の開票立会人に対して、説明会で配布された資料です。
票の点検方法や票の効力、立会スケジュールなどが書かれています。

2014/06/12 up

UR(都市再生機構) 団地別整備方針書(板橋区内)

6/6の一般質問の際に引用した資料です。
URの所有する団地ごとにその整備方針を示しており、特に「高島平地域グランドデザイン」の策定をめざす板橋区にとっては、高島平団地の整備方針を知るために非常に重要な資料です。
しかし、この資料の閲覧とコピーの両方ができるのは、新宿にあるUR本部だけです。そのため、Web上での公開に問題がないことを確認した上で、本HPで公開します。

2013/11/22 up

新あいキッズ条例案

平成25年第4回定例会に上程された、議案第68号「東京都板橋区あいキッズ条例」の案です。

 

新あいキッズ条例案概要

新あいキッズ条例案の概要を説明した資料です。条例本文よりもわかりやすいです。

 

新あいキッズ 利用時間等概要、新旧制度比較表、イメージ図

新あいキッズの利用時間や、新旧あいキッズでどうちがうかを表にした資料です。

2013/11/12 up

あいキッズのご案内 

板橋区教育委員会作成の、従来型あいキッズの案内です。
    ちょっと手書きメモが入ってます。エリアマネージャーが3校につき1校配置され、全区で11人います。エリアマネージャの上位には副係長級の職員が3人います。

 

新あいキッズのご案内

 平成26年4月から11校で実施が予定されている、新あいキッズの案内です。

 

平成25年度 大谷口小学校 あいキッズの利用案内・運営状況

大谷口小学校のあいキッズの利用案内と、大谷口小あいキッズの運営状況に関する資料です。

 

平成25年度 徳丸小学校 あいキッズの利用案内・運営状況

徳丸小学校のあいキッズの利用案内と、徳丸小あいキッズの運営状況に関する資料です。

2013/08/08 up

福島第一原子力発電所1〜4号機の安定化・廃止措置等に向けた現在の取り組みについて

8/5に福島第一原発事故対応拠点「Jヴィレッジ」を視察した際にいただいた、東京電力作成の資料です。
現在の原子炉の状態、冷却水循環処理、敷地境界の空間線量低減の取り組み、汚染水漏洩対策、使用済燃料プールからの燃料取り出しに向けた取り組み、そして廃炉に向けた取り組みについても説明された資料です。ぜひ多くの方に見ていただき、この資料を元にした議論をしていただきたいと思います。

2013/07/29 up

 エイトライナー パンフレット

エイトライナーは、赤羽から羽田空港まで環八に沿って、北区・板橋区・練馬区・杉並区・世田谷区・大田区を運行する環状鉄道です。平成12年、国の運輸政策審議会(現・交通政策審議会)答申第18号において「今後整備について検討すべき路線」として位置づけられました。
上記6区で「エイトライナー推進協議会」を形成し、エイトライナーの実現に向けて努力を続けています。

 

エイトライナー促進協議会レポート「平成24年度 区部周辺部環状公共交通に係る調査報告」

エイトライナー促進協議会の調査報告です。エイトライナー実現にあたってはコストダウンを追求していく必要がありますが、都営大江戸線よりもさらにコンパクトな「スマート・リニアメトロ」の提案が新たに行われました。

 

エイトライナー促進協議会 第20回記念講演 「駅周辺のまちに求められるもの」

過去up資料

平成25年5月16日 文教児童委員会資料 平成25年度保育園入所状況について

文教児童委員会での報告資料です。
平成25年度の保育待機児童数は417人と、前年度の342人よりも75人も増加しました。
平成25年度の保育需要率(0〜5歳児のうち保育を希望する方の割合)は41.3%と、こちらも前年度の40.3%よりも1.0ポイントの増加です。
板橋区は平成25年度・平成26年度で500人の保育サービス定員増を図ることで待機児童ゼロをめざしていましたが、予想以上の待機児童数の増加および保育需要の高まりに、早くもこの目標値は見直しが必至となりました。

 

いたばし未来創造プラン

東日本大震災や逼迫する区財政などの背景をもとに、「いたばしNo.1実現プラン2015」と「板橋区経営革新計画」という2つの計画を統合し、新たな中長期計画として策定されたのが「いたばし未来創造プラン」です。
「“区政の持続的な発展を可能とする、生産年齢人口を増やし定住化を促す施策”を推進し、“いたばし力”の充実により、“東京で一番住みたくなるまち”の実現をめざしていきます。」
ただ内容はバラ色ばかりではありません。厳しい財政状況を反映し、事業の見直しについても多く示されています。ぜひ、多くの方に見ていただき、ご意見をいただきたいプランです。

 

いたばし未来創造プラン(素案)のパブリックコメント結果について

いたばし未来創造プランに対して寄せられたパブリックコメントの概要がまとめられています。
31人・団体より、135件のパブリックコメントをお寄せいただきました。

 

(仮称)公共施設等の整備に関する基本方針及びマスタープラン(策定状況報告)概要版

9名もの死者を出した笹子トンネル事故は、「公共施設老朽化問題」を象徴する事故でした。
板橋区でも、高度経済成長と急激な人口増に対応するために作られてきた多くの公共施設が、建設から30年以上経過し、改築や大規模改修の時期を迎えています。今後、公共施設の維持・管理経費は大きな財政負担になることが予想されます。
これら公共施設の実態分析と、中長期的な方針を検討した資料です。区施設の整備に年度平均118億円が必要であると述べています。第1のピークは平成29年で186億7千万円、第2のピークは平成33年で275億5千万円が必要とされています。

 

(仮称)いたばし子育ち・親育ちトータルサポートプラン(素案)の検討状況について

 区内全小学校でのあいキッズ実施を控えて、児童館のあり方を見直すプランです。
対象を乳幼児、小中学生、高校生、そしてその保護者にまで広げ、長期間に渡って一貫して子育ち・親育ちのサポートをすることをめざします。
区内38館の児童館のうち22館をこのような目的に使い、16館は全区的なニーズを踏まえて見直すこととされています。

youtube

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら