中妻じょうた

板橋区議会議員 中妻じょうた のオフィシャルホームページです。ブログやSNSを通じて積極的な発信・交流をしております。是非ご意見ください!

板橋区議会議員

ホーム > ブログ > コンセンサスを取りながら「まずは自由に使って」―飯能市議会のタブレット導入

コンセンサスを取りながら「まずは自由に使って」―飯能市議会のタブレット導入

本日は、議会改革調査特別委員会の視察で飯能市議会に赴きました。
飯能市議会では全議員・全理事者にタブレット端末を配布しており、議会で活用することでペーパーレス化をめざしています。今日はその先進事例を勉強しに伺いました。



イメージ 1

飯能市議会の視察に伺った、板橋区議会議会改革調査特別委員会メンバー。
一番手前は、おなだか勝委員長です。

 

IMG_1594

飯能市議会からは、内沼博史議長をはじめとして、市議会議員の方々から直接ご説明をいただきました。
自分たちの手で議会IT改革を進めてきたという自負が感じられます。
中心となってご説明いただいたのは、写真の、椙田博之・議会改革推進会議座長です。

「議会は、地域の行政や産業なども本来リードしていかなければならない立場にあるのに、電子端末すら入れられない議会ってなんなのか、という思いがあった」
自信に満ちた椙田座長の言葉です。

 

IMG_1592

いただいた資料一覧です。
特に、タブレット端末および環境の導入コストと、紙削減による経費削減効果の対比が目を引きます。
初年度で86万円の削減効果、初期設備費用回収残高が118万円なので、2年でほぼ回収できることになります。

以下から、PDF化した資料をダウンロードできます。
(赤ペンでメモを入れてしまっています。ご容赦ください)

飯能市議会におけるタブレット端末導入について

 

紙削減効果を訴えて予算獲得、自由に使わせることでデジタルデバイド解消

導入に際してどうやって予算獲得まで持っていったかというのがやはり一番興味深いところですが、資料の1ページ目にもあります通り、毎年使われる膨大な紙をどうやって削減するかという課題は行政側とも共通しており、紙削減というテーマを共有することで比較的スムーズに予算獲得できたということです。

デジタルデバイドも気になるところですが、その解消のためには「とにかくまず自由に使わせる」こととしたそうです。
使用制限をかけると使いにくくなり、結局使わず、使わないからさらにデジタルデバイドが広がる、という悪循環になります。
そのため、私用で使うこともルールに則ることを前提に認め、とにかく使いまくってもらうことで、電子端末が苦手な議員も習熟できるようにしてきた、ということです。

私用も認めることとしたため、費用負担は公費4/6、政務活動費1/6、自己負担1/6としたとのことです。

 

「使用基準」策定でリスク回避

板橋区議会では、遺憾ながら2年前に規則で電子機器の持ち込みを禁止せざるを得ない事態となりました。
その理由は、本会議や委員会において、ネット接続された端末からTwitterやFacebookなどに書き込むことで、その場その場で個人的な解釈や偏見に基づく編集が加えられた書き込みが流布・拡散されるリスクがあったからです。

飯能市議会でもこうした懸念はしており、「飯能市議会情報端末機使用基準」を制定しこの順守を求めることでリスク回避を行なっています。

当該使用基準の第8条では禁止事項が列挙されており、未公開情報の公開や、会議の情報を会議室外に発信することを禁止しています。
これに違反した場合は、議長または会議の長から注意を与えることとしており、再度の注意によっても改められない場合には情報端末機の使用を停止させることができるとしています。

 

IT会議の常設で継続検討、全員参加の議会改革推進会議

その他で私がぜひ見習うべきだと思ったのは、IT会議の常設です。
議員によるIT会議を常設して、継続的に議会IT改革の検討を行っています。
また議会改革推進会議を全員参加会議とし、そこでの総意として決定したことは、他の会議体での議決なしに議会全体の意思決定とできる、という点も優れています。

単に技術面のみならず、「いかにして議会全体のコンセンサスを取っていくか」ということについての仕組みづくりを同時に行なっているところが大変すばらしいと感じました。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

中妻 じょうた 板橋区議会議員

板橋区議会議員「IT区議」中妻じょうたです。 長年ITプロフェッショナルとして働いてきた経験を生かし、より多くの区民の声を区政に反映する仕組みづくり、そして人の可能性を伸ばす教育・子育て、また障がい者福祉など社会弱者の対策に力を入れていきます。 仙台出身。東日本大震災被災地支援や原発問題には積極的に関わっていきます。 趣味は中国武術、マラソン、ゲーム、読書など。

板橋区議会議員

お問い合わせはこちら